☆NEW☆ 2021世代 全UR名鑑 & SR・Rベストナイン
大会

12/21開幕!ウィンターナショナルトーナメント詳細

九州ブロック大会

皆様、大変お待たせしました💦 ようやくまとめ終えましたので、詳細を発表させて頂きます! ご確認の程、よろしくお願い致します。

尚、1次エントリー後に大会の大枠を決めて、再度エントリー保留校様から最終お返事を頂くために一旦12月7日に”詳細”をUPしましたが、その内容と重複する部分も多々あり、詳細記事が2ページもあると混乱を招く恐れがありますので、このページにすべて記載し直しました。よって、この記事だけをお読み頂ければ問題なく大会を進めて頂ける様にさせて頂いてます。

 各地区により開幕日が異なります。東海北陸ブロック近畿ブロックのみ年内開幕それ以外の地区年明けからの開幕となりますので、ご注意下さい!詳しくはスケジュールをご覧下さい。

12/17追記:いくつかの参加校様より同じ質問を頂きましたので、追記致します。同時期に並行開催の近畿PS杯と新設校限定大会のルールにて”先発特別ルール”を設けていますが、当大会では設けていません。理由としましては、先の2大会は同エリア内で開催しており、予選各グループ内戦力の均衡化(エース依存による一極化を防ぐ為)を目的として設けているルールであるのに対し、当大会はエリアごとに予選を開催しますので戦力差が大きいエリアもあります。そこでこのルールを適応してしまうと、下位校がエースを連投先発起用出来ず、却って余計に戦力差が顕著に出てしまう事を懸念し、当大会では設けておりません。よって、WNTでは選手起用に関してのルールはありませんので、他大会ルールは気にせずにご参加下さい。

▽目次をタップ・クリックするとワープします▽

第1章 大会概要

関西を中心として行っているこれまでの非公式大会記事を見て、弊校と交流して下さっている他地区の監督様からも参戦希望のお声をこれまでたくさん頂戴しておりました事に加えて、公式戦スパンが最も長い冬・オフシーズンを盛り上げたいとの思いも有り、当大会の開催を決意しました。

しかし、オフシーズンの俺甲活性化を目的として、同時期に他2大会も並行して開催しますので、これまで以上に何かあった場合の対応が難しくなります。” 皆様に大会を心から楽しんで頂きたい・極力スムーズに大会を進めたい ” との思いから、今回の全国大会は普段弊校と交流して下さっている良識ある親交校様のみを対象としてエントリー受付を行なわせて頂きました。良い方ばかりの皆様で行なう大会で、トラブルが起こる事は無いと確信すると同時にこの大会がとても楽しみです!

そして何より、公式戦の無い期間を非公式戦にて練習試合を戦う事により真剣勝負を楽しんで頂くことと、来季へ向けた強化や課題発見・修正に各校取り組んで頂く機会とすること、大会参加校様達との交流の輪を広げて頂くことにより、俺甲をより一層楽しんで頂くことを目的・意義としています。心置きなく試合・大会をお楽しみくださいませ (*’▽’)/

大会理念・スローガン

マナーやモラルを守って、お相手(対戦相手や大会参加校)に対してはリスペクトの精神をもって、試合・大会を楽しみましょう!

第2章 ルール

1節 レギュレーション

1項 グループステージ+ノックアウトステージのカップ戦方式です。各地区の参加校数により設けた開幕日程~2月13日までの間に予選ブロック(ホーム&アウェイの総当たりリーグ戦)を行ない、それぞれの地区予選1位校が地区代表として2月14日から行なう全国トーナメントに出場します。

2項 各試合ごとにベンチ入り18名の入れ替えも自由とします。また、当然ながら疲労投手の登板は禁止です。

2節 予選ブロック

1項 ホーム&アウェイ対戦で勝ち点方式の総当たりのリーグ戦です。
俺甲上は練習試合で行ないますので、引き分け有りとなります。
日程は各エリア・参加校数により異なりますので、以下の各ブロック詳細をご覧下さい。

2項 勝ち点については、
勝利:勝ち点3、引き分け:勝ち点1、敗戦:勝ち点0をそれぞれの試合結果により加え、
更にボーナスポイント(BP)として勝敗に関係なく、
二桁得点:勝ち点+1、無失点:勝ち点+1
また、敗戦校でも
3点差以内の敗戦:勝ち点+1をそれぞれ該当すれば付与します。

 予選最終順位の決定方法は全節終了時の、勝ち点>勝利数>得失点差>総得点の優先順で決定します。

4項 尚、ここでは大型バスも旅客券も不必要です。各参加校様の所属都道府県のマイクロバス遠征範囲内でブロック分けを行なっております。

3節 全国トーナメント

1項 全国トーナメントは遠征距離の観点から一発勝負です。

2項 試合直前のログイン確認時(大会規約第2章2項)に、レートの高い方がホーム(募集設定する側)、低い方がアウェイ(試合を申し込む側)で試合を行なって下さい。

 引き分け時は、安打数が多い方>投手自責点が少ない方>失策と四死球の合計数が少ない方>レートが高い方(ホーム校) の優先順位で勝ち上がり校を決定します。

4項 各ブロック代表校が決勝まで進むには、旅客券が最低1枚~最大3枚必要になります(大型バスレンタルなしの場合)。それにあたり、予選ブロック終了時点で各地区予選ブロック1校様には出場のご意向を確認させて頂き、決勝まで進む移動手段が無く辞退される場合は予選ブロック次点校に代表権を移行させて頂きます。

スポンサーリンク

第3章 予選ブロック分けに関するご説明

東北ブロック

12/7~14の期間に受付していました1次エントリー(保留)校様対象の最終エントリーにて、お仕事等の理由から辞退される学校様がおられまして、それ自体は仕方のない事なのですが…、辞退校が東北ブロックからのみで当初の予定バランスが大きく崩れてしまいました。

1次エントリー時点で、地区別最多となる13校が東北ブロックから参加希望して下さっていたので、12/7詳細記事の通りに東北のみA・Bと2ブロックを設けていました。そして、最終エントリーで6校が辞退され、7校参加となってしまいブロック編成に時間がかかってしまいました💧(詳細UPが遅れた言い訳です(^^ゞ💦)

東北以外の6地区1次エントリー校はすべてのチームが最終エントリーして下さったので、全国トーナメントのバランスを崩す訳にはいきませんでした。そこで、広範囲にマイクロバス遠征が可能な”新潟県”の2校様を関東甲信越ブロックから東北ブロックへ移籍させて頂き、計9校としてギリギリ2ブロック開催に漕ぎ着けさせて頂きました。

次に北東北と南東北とでブロックを分けたかったのですが、”新潟⇔岩手”間がマイクロバス遠征不可であることや各組の戦力バランスが偏ってしまう事を懸念して、名称は当初のまま東北A・Bとして、以下の通りに組分けさせて頂きました。

関東ブロック

上記の通り、当初の予定から甲信越エリアの2校に移籍して頂いたので、名称が”関東ブロック”に変更となりました。

東海北陸ブロック

当初のまま、予定通りで変更ありません。

近畿ブロックと中四国ブロック

中四国ブロック内で”山口⇔徳島”間がマイクロバス遠征不可ですので、近畿2府4県に遠征可能な徳島県校様を近畿ブロックへ移籍させて頂き、中四国ブロック参加校の広島・高知県へ遠征可能な山口県校様はそのままとさせて頂きました。

九州ブロック

当初のまま、予定通りで変更ありません。

第4章 スケジュール

予選ブロック

東北Aブロック

東北Aブロック
参加校数が奇数の為、各校1節は試合のない期間があります
東北A 5校所属・評価・レート
県立八戸工業大学第四高等学校青森 ABCAB 1938
村立倉石高等学校青森 ABCBB 1975
県立上南高等学校岩手 ABCBB 2016
県立最強高等学校岩手 ABCBB 2084
県立石巻東高等学校宮城 AACBA 2088
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

東北Bブロック

東北Bブロック
東北B 4校所属・評価・レート
町立太田高等学校秋田 ABCCB 1916
県立南相馬高等学校福島 ABCBB 1987
県立高田高高等学校新潟 ABCCB 2134
県立長岡商業高等学校新潟 ABBBA 2067
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

関東ブロック

関東ブロック
参加校数が奇数の為、各校1節は試合のない期間があります
関東 5校所属・評価・レート
県立栃木山田高等学校栃木 BCCBB 1840
私立浅間中央大付高等学校群馬 ABCBB 1830
私立群馬桐蔭高等学校群馬 ABCBB 1991
私立新橋高等学校東京 ABCBB 1976
国立早稲田高等学校高等学校神奈川 ACBBB 1984
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

東海北陸ブロック

東海北陸ブロック
スマホやタブレットでご覧の方はピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)して頂き、拡大してご覧下さい。 参加校数が奇数の為、各校1節は試合のない期間があります
東海北陸 7校所属・評価・レート
県立金沢和泉丘高等学校石川 ACBCB 1805
私立戸田高等学校石川 ABCBB 1768
私立佐野日大高等学校岐阜 ACCBB 1966
県立北名古屋南高等学校愛知 ABBBB 1867
私立千手観音高等学校三重 AACBA 2261
国立津商業高等学校三重 ACBBB 1755
県立四日市中央高等学校三重 ABCBB 1885
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

近畿ブロック

近畿ブロック
スマホやタブレットでご覧の方はピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)して頂き、拡大してご覧下さい。 参加校数が奇数の為、各校1節は試合のない期間があります
近畿 7校所属・評価・レート
国立近江令和高等学校滋賀 BBBAB 2031
村立長浜商工高等学校滋賀 ABCCB 1855
私立秋篠学院高等学校奈良 ABCBB 1985
国立三輪明神高等学校奈良 ACCCC 1745
市立御坊高等学校和歌山 ABCCB 1933
私立和歌山明訓高等学校和歌山 ACCCB 1758
組合立人狼学園高等専門学校徳島 ABCCB 1974
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

中四国ブロック

中四国ブロック
スマホやタブレットでご覧の方はピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)して頂き、拡大してご覧下さい。
中四国 6校所属・評価・レート
村立宇那木高等学校広島 ABCAB 2017
市立呉商業高等学校広島 ABCCB 1896
県立千田高等学校広島 ABCBB 2047
市立横川高等学校広島 ACCCB 1865
県立天籟高等学校山口 ABCBB 1974
私立高知土佐高等学校高知 ABBCB 1857
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

九州ブロック

九州ブロック
参加校数が奇数の為、各校1節は試合のない期間があります
九州 5校所属・評価・レート
私立田沖学園高等学校福岡 ABCAA 2306
県立若松高等学校高等学校福岡 AACBA 2168
私立清明館高等学校熊本 ACBBB 2036
県立多士済々黌高等学校熊本 AACBB 2226
国立白丂楠高等学校宮崎 ACBBB 2026
表記は俺甲上の都道府県順で、各データは12/14締切り時のもの

全国トーナメント

全国トーナメント表
スマホやタブレットでご覧の方はピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)して頂き、拡大してご覧下さい。
スポンサーリンク

大会規約

私も俺甲上では1プレーヤーですので運営管理にも限界があり、また24時間対応も出来かねますので、皆様が円滑に大会・試合のみに集中してお楽しみ頂く為に予め定めさせて頂いているものです。ですので今回初めて非公式大会に参戦する方は必ず全て読んで下さい。長文になりますが、丁寧に分かり易くご説明させて頂いてます。また、非公式参加経験のある方や、要領が解っておられるベテランさんも、取り決めルール等を記載しておりますので、第1章5項・第2章6~7項・第3章・第4章のみ、ご一読お願い致します。

第1章 試合設定方法

1項 試合の行ない方ですが、これは非公式大会ですので私は各校のマッチアップ操作は出来ません。皆様各自で、日程表を基に俺甲上の練習試合にて試合を行なって頂く必要があります。その為、事前に対戦校同士が互いの俺甲掲示板で話し合って試合日時を決めて下さい。

2項 予選ブロックはそれぞれの各節期間内でH&Aの2試合を消化して頂きますので、各学校同士でご都合の良い日時を話し合って下さい。全国トーナメントは設定された期限内で各代表校同士日時を話し合って下さい。

3項 例えば「第〇節の試合、うちは毎日〇時~〇時なら可能です」や「第〇節の試合、〇月〇日~〇日ならご都合時間に合わせられます」などと、自らの予定幅を相手校にご提示頂くとスムーズに決まると思います。その際、大前提として試合時間に『闘争心』が100になる逆算をお忘れなく。

4項 そして日時決定の際は、時間は必ずピンポイントで時間を決定して下さい。俺甲上は練習試合ですので、ホーム側の学校がずーっと募集状態にしていると、他の学校さんに申し込まれて試合が成立してしまいます。

5項 但し、予選ブロックでの試合日時は必ず各節初日の前日全国トーナメントでは試合期間初日の前日)までに決めて下さい。それぞれの期日23:59の時点で、相手の返信が無い・コンタクトが取れておらず試合日時が決められていない場合は、こちらにご報告下さい。双方の掲示板を確認の上、2戦共不戦勝(予選Bでは5対0でBPなしの勝ち点3。全国Tは勝ち上がり。)とさせて頂きます。

スポンサーリンク

第2章 試合当日

1項 試合前に、ホーム校は学校紹介文の文頭に大会名・試合日時・対戦相手校名等を書いて下さい。対戦相手校を見ないで練習試合を申し込む方は、一般的には居られないと思うので、ミスマッチ防止策になります。横取りをしてはいけない俺甲内の暗黙ルール的な感じですね。
記載例:『WNT参戦中 次戦〇月〇日〇時PL学園様』

2項 そして、試合約束時間の10分前を目安として、対戦相手校へ準備が出来ている旨のメッセージを送信しましょう。確実に試合を成立させる為に、互いのログイン状態を確認してからホーム校は定刻に募集を掛けて下さい。

3項 練習試合を募集設定するとき「対戦相手を募る」をポチる前に、その直上の「募集条件」を相手校のランクに合わせて「総合評価〇以上」を選択して下さい。総合評価とは、各校の学校情報画面にある戦力を表すチーム評価の一番右端の「総」のランクの事です。NR学園を例にすると「総B」となっている部分です。

4項 例えば、松坂高校(総合評価A)と上重高校(総合評価C)の対戦時、上重高ホーム時は「総合評価C以上」となるので問題ありませんが、松坂高ホーム時にはデフォルトでは自チーム戦力と同じ「総合評価A以上」となっている為にそのまま「対戦相手を募る」を押してしまうと総合Cの上重高校は申し込めません。ですので相手校ランク「総合評価C以上」を選択してから募集設定して下さい。時間打合せ時に必ず学校情報画面は目にしますので、お相手の総合評価を確認しておきましょう。

5項 そして、試合が例えば18時の約束で決まっていたとしたら、18時ジャストにホーム側の学校は練習試合画面の「対戦相手を募る」を押して下さい。そしてアウェイ校は18時ジャストから5秒後にお相手の都道府県の練習試合募集画面を更新して下さい。そして、すぐに「申し込む」を押して試合して下さい。お互いの電波状況等もあるかと思いますので、対戦相手校が見当らなければ再度更新して下さい。基本的に募集試合は告知時刻が新しいもの順に表示されますが、所属校の多い都道府県では、最新募集が最上位に表示されない事例もありますので、下部までスクロールしてご確認下さい。

6項 試合後はきちんと挨拶することを心掛けましょう。試合後には、「本日はありがとうございました、第2戦目もよろしくお願いします」などと挨拶・お声掛けをしましょう。そして、2戦終了時には互いに労いの言葉を送り合いましょう!

7項 試合結果に関しては私が見て回りますので、特に試合後にして頂くことはありません。連絡不要です。なぜなら、弊校掲示板が試合報告により埋まってしまうと、今大会参加校さんからのイレギュラーな連絡を見落としてしまうリスクが上がってしまうからです。
また、適時に試合結果・暫定順位表を途中経過としてサイトに更新していく予定です。

第3章 不測の事態時

1項 もしも、約束した試合時間の直前になって相手校と連絡が取れない・返事がない場合は、約束時間から2時間以内で尚且つ自身のログイン可能時間期限として決めて頂き、それを相手校に通知して下さい。そして期限を過ぎた場合には、こちらにご報告下さい。双方の掲示板を精査した上で、通知を受けていた学校は不戦敗。連絡付かず困られていた学校の不戦勝(5対0、BPなしの勝ち点3。全国Tでは勝ち上がり。)とします。

2項 しかし、両校が合意の上であれば日程及び時間変更での試合は可能です(全国Tでは次戦に影響がない日程に限る)。但し、当初相手と連絡付かず困られていた学校は、ローテや闘争心等の理由でそれを拒否し、上記1項の処遇を受ける事は当然可能です。

3項 また万一、試合を横取りされてしまった場合は各節日程内で再度試合を行なって下さい。その不測の事態に備えて、各期間内のなるべく早い日付で試合して頂くことをお薦め致します。(何より横取りされない様に1章4項、2章1・2・5項を徹底して下さい。)

4項 期間中に、大会離脱・廃校・除名処分となった学校は、予選ブロックに関して以降不戦敗とします(相手校の不戦勝、5対0・BPなしの勝ち点3)。全国Tでは相手校の勝ち上がりとします。

第4章 大会除名処分

1項 皆様に試合を楽しみ・交流を深め・長きに亘って私の大好きな俺甲を楽しんで頂くために企画・開催している大会ですが、 ” 大会理念 ”「マナー・モラルを守り、試合相手や参加校に対してリスペクト精神を持つ」を守られていない事に起因する参加校様同士のトラブルが、残念ながら毎回”新設校限定大会“では起こっていますので、念の為に以下の様に記述しておきます。

2項 ① 他校への誹謗中傷・挑発・名誉棄損等、他人を傷付ける発言や投稿を発見し次第、まずイエローカードを提示。以後、再度同様の行動が行われたら、大会除名処分と致します。
② 運営に関する内容でこちらの忠告を再三無視し、ルール及び大会規約の記載内容を守らず参加し続けているとイエローカードを提示。その後も改善が見られなければ、大会除名処分と致します。

3項 ②に関しては一度や二度のミスや間違い・勘違いは仕方ありませんが、①・②共にいずれもこちらの裁量で判断・決定を行ないます。尚、私の職業柄、怪しいなと思い始めたら行なう履歴保存は常習化しておりますので証拠収集は容易です。除名処分時には、私の身勝手な独断でないというきちんとしたご説明並びにその確証をご報告致します。大会を統括する上で、きちんと公平性を保ち、皆様に今大会の本来の目的・意義を改めて見出して頂くべく、最後まで運営する為に記載させて頂きます。

スポンサーリンク

第5章 大会開催の目的と意義

1項 4/4記事の『俺の甲子園をみんなで盛り上げよう!』内の「私にできる事」と、4/21記事の『2020春季奈良県大会 準決勝・三決・決勝略筆 & 大会総括』内の「最後に、ビギナーさんからベテランさんまで皆さんに読んでほしい事」に記載している事が、私がいつも大会を企画・開催している理由のすべてです。
要約しますと、初心者だった頃の私が先輩校に支えられて俺甲の楽しさに気付き、今では毎日の楽しみになったという事と、リアル高校野球がコロナの影響で活動できず俺甲人口が減少の一途を辿っている今、新規校さんには是非楽しく続けて欲しいという想いを合わせて、私の大好きな魅力ある俺甲をベテランさんだけじゃなくてビギナーさんも含めてみんなで楽しみたい・楽しめるようにしたいという思いです。

2項 今大会の目的は、長いオフシーズンを真剣勝負にて楽しんで頂くことと・来季へ向けた強化や課題発見・修正に各校取り組んで頂く機会とすることです。
そして、非公式大会の最大の魅力は、他校との交流です。大会参加校様達との交流の輪を広げて頂くことにより、以後も交流を続けて切磋琢磨して頂く事が、オフシーズンでも俺甲を長きに亘って楽しめる要因となります。それが当大会の開催意義なのです。上記リンク通りに、私は他校様が交流して下さったことにより、辞めるつもりだった俺甲を継続し、その後に楽しみの幅を更に広げて頂きました。交流は楽しさを2倍にも3倍にも膨らませます。この大会をそのきっかけにして頂きたいのです。

そして、再度申し上げます。”大会理念” は『マナーやモラルを守って、お相手(対戦相手や参加校)に対してはリスペクトの精神をもって大会を楽しみましょう!
どうか皆様、最後までお楽しみ頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

規約は、以上となります。拙い長文を最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

ここに記載されていない内容のご質問や不明点がありましたら、NR学園までお問い合わせください。それではっ、開幕節よりよろしくお願い致します!(*’▽’)/”✨

スポンサーリンク
俺の甲子園 ~ NR学園 ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました