☆NEW☆ 2021世代 全UR名鑑 & SR・Rベストナイン
大会

2021世代攻略 投手・打者ランキング & 第2回総選挙

大会

ステータスと成績の関連性2 ~野手編~」にてステータスと成績の関連性を解析し導き出した”好打者の条件”の各カテゴリーレベルと、「ステータスと成績の関連性2 ~投手編~」にて同様に編み出した”好投手を見つけ出す方程式”を用いて、2021年世代・新一年生達をランキング形式にて紹介し、’21世代最強打者&最高投手を探し出します!

尚、前記事のポジション別ドラフト順位はNR学園の選考基準(URは覚醒出来ない前提での選考で成長項目も重視)でしたが、今回の記事・ランキングでは成長度合い不問で、純粋に打撃力・投手力それぞれのLv100ステータスで優劣判別を行なっていきます。

よって、主に新設校さん・ビギナーさん・無課金校さんの新加入選手獲得時には、覚醒を前提とせずLv80を基準とし”成長・早”を優先して選別している前記事(2021選手名鑑『欲しいURと使えるSR・R』~新入部員ドラフト会議~)を参考にしていただき、ベテランさん・強豪校さん・課金校さんの新加入選手獲得時には、最大スペックを基に能力優劣を付けているこの記事を参考にしていただいて、それぞれの育成有無判断にご活用いただければと思います。

▼▽全URポジション別一覧&SR・Rベストナインはこちら

打者に関しては解析記事では、長打+ミートによるレベルと、長打+ミート+走力によるレベル、この二つのレベルを掛け合わせた総合レベルにて好打者を判別しましたが、それぞれ打順により適性・役割がありますので、それぞれのランキングを作成しています。

以下の表の ” 長+ミ ”・” 長+ミ+走 ”は、それぞれ共通でピンク色セルはレベル3、オレンジ色セルはレベル2、ベージュ色セルはレベル1を表しています(レベルの詳細は ”好打者の条件” をご覧下さい)。 尚、左打者及び両打ちの選手にプラスアルファの数値が加算されている事は、活躍の傾向から見ても間違いありませんが、それが掛け率なのか定数加算なのかは定かではありません。よって、今回それぞれの計算には加味していませんが、以下の表にて選手選考をされる場合は、その優位性がある事を踏まえてご採用下さい。

また、スマホでご覧いただいている方は、ピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)していただくと、各ランキング表を拡大してご覧頂けます。

※ UR打者においては、” 長+ミ ”・” 長+ミ+走 ”どちらもレベル1以上に該当しない、または圧倒的に足を引っ張る著しく低い能力数値項目がある選手は除いています。反対に、SR・R選手はそれらに関係なく能力上位選手をランキングに含めています。よって、実際に全選手を並べた場合にSR・R選手のランキング順位はこれよりも下がりますが、ビギナー・新設校・無課金校さんにオーダー選考の指標としてもらう為に、敢えて取り入れていますのでご了承下さい。

主砲候補(長打+ミート:打撃力)

打撃力がデフォルトでレベル3に達しているのは、184番128番の2選手です。昨年度打撃力No.1の178番にはほんの僅か及びませんでしたが、一方で振り分けはやや長打力へステータスが寄りましたので主砲感は増しました。
超強豪校であれば30位の192番までなら、育成してレベル3まで持って行けそうですね。また、その他の学校さんでもレベル1の55000pは大きな目安となります。今年度は48名がそれをクリアしていますので、UR選手獲得時の50%、野手に限れば57.1%の確率で主砲候補の加入となります。(ちなみに 昨年は、レベル1以上が37名、レベル2以上は30名、レベル3は1名でしたので、主砲候補打者は増加傾向にあります)

また、SR最上位は63番で第45位、R最上位は36番。昨年、第16位に食い込んだ現2年・63番に比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、ランキングに載っている選手はそれぞれのカテゴリーで上位の打撃力を持っていますから、新設校さん・ビギナーさんは積極的に起用育成して下さい。

スポンサーリンク

上位打線候補(長打+ミート+走力:攻撃力)

攻撃力がデフォルトでレベル3に達しているのは8選手です。中でも154番190番は、10万p超えを記録しており、昨年の10万p超え139・189番の様に走力依存(走力が40000p以上)をしていないので、打力にも大いに期待出来ます。
レベル1以上は31名と主砲候補よりも少なく、UR選手獲得時の32.3%、野手のみなら36.9%の確率で上位打線候補の加入ということになります。(ちなみに 昨年は、レベル1以上が35名、レベル2以上は19名、レベル3は9名でしたので、上位打線候補打者は微減傾向にあります)

SR最上位は91番の43位。打撃力同様に、昨年の26位に入った96番からは見劣りしてしまいますが、ランクイン選手は今年度のSR上位であることに違いはありませんので、鍛えていきましょう。またR5名は下位に並んでしまいました。Rに多くを求められませんので、走力は諦めて打力勝負という事が、この二つのランキングから解かりましたね。

総合優良打者ランキング(好打者総合レベル)

上記2項目を融合した総合ランキングです。ここでは前記事の様に総合レベルで表すと、同順位タイが多数となりますので、細かく優劣をつけるべく上記2ランキングでの順位を掛け合わせた数値を総合ポイントとして、数値の小さい順に優れているという順位付けをしました。(東京五輪・スポーツクライミング3種目での総合順位の算出方法です)

 ”好打者の条件” にて論じた内容としては、最低でもそれぞれのレベルが1以上必要です。今年度の場合、25名の選手がデフォにてその条件をクリアして ”好打者”に該当しています。つまりUR選手獲得時の26.1%、野手に絞れば29.8%の確率で主力となる ”好打者” の加入ということになります。
また、育成次第ではここに載せている全UR野手52名が好打者総合レベル1以上に達することは可能です。
ちなみに 昨年の好打者は32名で今年は7名も減っていますが、育成にて好打者総合レベル1以上に達することが可能な打者は昨年39名でしたから今年は大きく増えています。総じて、突出した選手は減りましたがハズレの選手も減り、育成次第で戦える幅が広がったという意味では、今年度の攻撃面は良化したと考えられます。但し、その分の守備系数値が流れているということですから、チームとしての攻守バランスが昨年以上に重要となることが窺えます。

栄えある2021年度総合1位、最高打者は154番です✨昨年の最高打者179番を凌ぐハイステータスなこの選手は左打者で文句なし。更に超強豪校ならAAAに育成も可能!? …しかし、唯一のウィークポイントは、成長・遅という事です。強豪校なら関係ありませんが、無課金校であれば昨年179番以上に大きな差が学校により生まれてしまいます。
2位は同じサードから153番。打撃タイプとは言え走力も高く、こちらは成長・早ですから無課金校でも攻撃系オールBに仕上げる事は可能です。
そのほぼ近似値である128番が3位。2位との違いはもはや右打ちである事くらいで、高い打撃力と水準を大きく上回る走力が魅力です。それはデフォルトで初となる総合レベル6をマークし、3位ながら最強打者であるという矛盾が生じてしまいましたが、それほど上位3選手は僅差で高い能力を持っている表れだと受け取れます。

トップ3のタイプが見事にバラけた昨年度(バランス型の179、打撃力の153、ミートタイプの113)とは異なり、今年度はハイアベレージな選手が揃いました。また、3選手すべてが昨年度No.1打者である179番を超える数値を両項目で記録しています!(4位の184番は打撃型ですので攻撃力数値で少し劣りましたが、5位の171番も昨年179番を超えています…その分、守備系ステに穴があいたことは言うまでもありません💧
ひとつ前の段落でも触れましたが、今年は選手バランスのみならず攻撃系ステータスにおいても平均化が進んでいます。昨年の総合優良打者ランキング上位10選手の能力ランクを見てみると、”A4・B11・C8・D6・E1”に対し、今年度は”A1・B15・C11・D3・E以下0”となっており、比べるとAとD以下が減少してBとCが大半を占めるようになっています。

総合ポイントで二桁となった優良打者は9名でした(ちなみに昨年も9名と同じで、その確率はUR獲得時の9.4%となります)。余談になりますが、 ドラフト会議を振り返ってみると、154番は記載通りに成長・遅で攻撃力育成の懸念と守備力不足から指名回避、また118番は魅力的な攻撃力も守備力不足から3位指名留まりにしていました。よって昨年の様に、ランキング作成によって”発見”(逆に言えばそれまで見落としていた)した好打者はいませんでした。つまり、好打者レベルが感覚的に身についたということが、前ドラフト記事の選考にて窺え、俺甲存続・繁栄活動として皆様に広めると共に、私自身も成長させてもらっているということが分かりました(^^ゞ感謝✨

スポンサーリンク

好投手方程式の計算値とレベル

投手は人数が少ないのでR・SR・UR全22名の計算値をまとめて掲載します。以下の表にある ”速+制+変” は過去記事「好投手の条件」で編み出した方程式により導いた数値であり、ピンク色セルがレベル3、オレンジ色セルがレベル2、ベージュ色セルはレベル1を表しています。(方程式・計算方法・レベル詳細に関しては ”好投手の条件” をご覧下さい)

方程式によるレベル分けで ”好投手”となったのは13名。
その内レベル2は6名、最高位のレベル3となったのは2名です。つまりUR選手獲得時の8.3%(投手に限れば66.7%)の確率で ”レベル2以上の好投手” の加入となり、更にUR選手獲得時の2.1%(投手に限れば16.7%)の確率で ”レベル3の好投手” の大当り投手の加入となります。
また 昨年と比較すると、レベル2・3の人数こそ同じですが、80000p以上のレベル2が昨年2名に対し今年は4名。また、昨年1名が該当したレベル0も今年は不在。総じてUR投手陣は底上げされた印象です。

栄えある2021年度最高投手106番です✨昨年度の2大投手である108番は87320p、102番は85330pでしたので、世代のみならずここ2年での最高投手となります!これは是が非でも欲しい投手ですね、特S待遇として受け入れ…否、招き入れなけらばなりません(笑)
2位はもう一人のレベル3投手である104番で、屈指の変化球量を軸に軟投ながら十分に期待出来ます。昨年102番とほぼ同数も、こちらは右腕ですからやや割引ではありますが、それでもそれ相応の活躍が見込めます。

そして、SRからは唯一54番がレベル1に該当しました。昨年度54番がほぼ同数の65570pでしたので、同様の活躍が見込めます。昨年までは2名存在したSR投手のレベル1ですが、今年は1名のみ。ビギナーさん・新設校さんは54番が入部してきたら、優先的に開花合成してエースとして育成しましょう。
最後にR。昨年の好投手20番が58980pでしたから、ドラフト記事に記載した通り、やはり今年の18・20番では同様の活躍とまでは期待し辛いでしょう。

俺のエース!私の四番!’21世代総選挙

2021世代のスペックを丸裸にした今回の記事ですが、すべてはデフォルト数値基準であり、獲得後の育成や起用法次第で活躍度合いは大きく変わってきます。もちろん活動期間やログイン頻度、課金・無課金によってもエースや四番(トレンドなら二番)は違います。

そこで今回も「俺の・私の」エース・主砲は彼だっ!と、投票を受け付けたいと思います!

題しまして ” 第2回 世代総選挙 ”
ちなみに、第1回(2020年度)世代総選挙の結果はこちら

ランキング上位のURと有力SR・Rを候補としてあげています。実際にもしくは既に活躍している選手今年の一大で軸にする予定の選手今後獲得したい希望選手、いずれでも構いませんので、あなたの思う世代最高の投手&打者を一人ずつ投票して下さい☆

スマホで設問の表が見にくい場合は、ピンチアウト(2本の指を広げるように動かして間隔を広げる操作)して拡大して頂くか、上記の野手ランキング・全投手一覧表から一人ずつ選んだ上で、投票ページにお進み下さい。

最後に、全交流校の皆様へ

これで新年度記事は一通り完成しました(; ・`д・´) 💦
全14307枚ガチャ券 ストック解放結果」に始まり、「47都道府県 戦力分布ランキング & ’21春季大会都道府県別参加校数推移」・「2021選手名鑑『欲しいURと使えるSR・R』~新入部員ドラフト会議~」そして今記事、これにてようやく一段落です(+д+)💧
これらに時間を費やしてしまった代償として、春季奈良県記事の6回戦(ベスト16)以降がノータッチになってしまいました(~_~;) 本当に申し訳ありませんm(__)m
そして、普段俺甲にてご挨拶や交流をしてくださっている親交校様とは、それぞれの方とそれぞれにお話ししたい話題(プロ野球・サッカー・ゴルフ・ホースレース・俺甲)はたくさんありましたが、長期に亘りメッセージ・お返事を出来ず、本当に申し訳ありませんでしたm(__)m
また、同様にTwitterに関してもログインすらしばらく出来ていない状況です。
2021年度の俺甲繁栄及び俺甲人口Ⅴ字回復・存続を目的として取り組んできましたので、どうかご理解いただければ幸いです。ちょっとだけ休憩させてもらってから、それぞれ以前の様に復帰しますので、宜しければまたお付き合いいただければ幸いです。よろしくお願い致します。

▽▽ビギナーさん・新設校は要チェック▽▽

スポンサーリンク
俺の甲子園 ~ NR学園 ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました